アイクリームで本当の潤いを取り戻そう│アイメイクを極めるために

肌のケアに欠かせない成分

コスメティック

トラブルを回避します

多くの化粧品に配合されているビタミンc誘導体は使用することで、さまざまな肌のトラブルを回避することが出来るため人気です。例えばニキビ肌の人はニキビの改善や発生を防ぐ働きを感じることができます。また、毛穴の開きが気になる人は、ビタミンc誘導体を塗布することで、毛穴が目立たなくなり滑らかな肌を取り戻すことができます。ビタミンc誘導体は肌の奥へと浸透することができる分子の大きさであるため、シミなどの根本的なケアにも役立ちます。イオン導入によってビタミンc誘導体を塗布すると、肌の奥まで届きコラーゲンの生成を促してくれる働きもあるため、アンチエイジングケアに取り入れることも可能です。このようにビタミンc誘導体は様々な肌のトラブルに対して有効的に働くため人気なのです。

角質層の奥まで働く

ビタミンc誘導体の特徴は分子の大きさが通常のビタミンCに比べて小さいことです。このため、普通のビタミンCでは肌の上に留まってしまい美容効果を期待できないところですが、ビタミンc誘導体は肌の奥の角質層まで浸透するため、様々な肌のトラブルに役立つのです。角質層の奥まで届くということは、肌を活性化する役割も担っているのです。ビタミンc誘導体を取り入れると、肌が引き締まり、たるみの改善や毛穴の開きの改善、ニキビ肌の改善に役立ちます。ビタミンc誘導体には様々な種類があり、肌のより奥まで浸透できるタイプも最近では登場しているため、より積極的にアプローチすることが可能です。継続して使用をすることで、美肌を期待することができます。