アイクリームで本当の潤いを取り戻そう│アイメイクを極めるために

水分を保つ

化粧品

アンチエイジングに良い

保湿成分となるセラミドが話題となっていることから、セラミドが含まれる化粧水が人気を呼んでいることもあります。セラミドとは、保湿には欠かせない角質細胞間脂質のことをいいまして、肌の水分をしっかりと保持してくれる働きを行なってくれる成分です。そのセラミドは20代をピークに徐々に減り始め、足りなくなるとシワヤたるみ、乾燥の原因となってしまいます。セラミドが配合された化粧水を肌につけることでアンチエイジング効果に役立ち、若々しい肌を保っていくことができるといいます。化粧水をつける度合いは、朝に顔を洗った後やお風呂に上がった後につけるだけで、それ以外の時間帯ではセラミドが配合された化粧水はつけずにいたほうが肌に良いといいます。

つけすぎにはご注意

セラミドは強力な保湿成分といわれ、みずみずしい肌にしてくれる力を持っています。しかし、あまりに肌につけすぎすると今度は肌が怠けてしまい、外的に与えられるのを待ってしまうようになります。つまり肌成分が働かなくなり、常に化粧水をつけなければきれいな肌を保てなくなるのです。乾燥した時期になると肌の水分が少なくなってしまい、カサカサするようになるのを防ぐため角質細胞間脂質が水分を維持する働きを行なうのですが、あまりにセラミドをつけすぎると保湿力を失い、独自の肌で水分を維持しなくなってしまうのです。肌は普段はしっかりと細胞が働いているため、必要以上に肌に成分を与えずに働かせるほうが良いこともあるので、つけすぎには注意が必要です。